Responsive image

私たちWOOD HOUSE DESIGNは、
長野県上田市を中心に活動するちいさなデザイン集団です。
「人とモノ、人と人を繋げるデザインを」

焚火の写真撮影

先日、東京へ出張した際に、火の写真撮れないか、

と聞かれまして、何も考えずに撮れますよと答えた結果、

スゴく楽しい時間がすごせました。

 

 

朝からキャンプ場へ

仕事を頂いて、スケジュールやら天気やらの都合がつかず

〆切前日にやっと撮影予定地へ行く事ができました。

 

撮影のお手伝いを快く引き受けてくれたボブさんと

山道を獣を探しながら車を走らせます。

途中、キジバトがいたり、ヒヨドリがいたりと二人で大興奮。

出発前に
撮影開始

それでも早めに撮影場所へ到着しました。

屋根にはつららがぶら下がり、吐く息は白く、本格的な冬の到来を感じさせます。

 

いそいそと用意を始めます。

薪を割り、かまどを綺麗にし、飯ごうに水を入れ、カメラの調整をします。

そこで、トラブル、持って来た薪が硬すぎて、手持ちの鉈では割れません。

仕方なく、予備に用意していた細めの木の枝で代用、何だかよい雰囲気になってきました。

                           楽しい撮影

這いつくばって、何枚も撮影します。

 

這いつくばる男

途中ボブさんに撮っている姿を撮られて、自分の臀部の大きさに驚愕しつつ

つつがなく撮影終了。

 

温めたお湯でコーヒーを淹れて、それを飲みながら帰りました。

 

 

撮影の結果

自信満々で編集さんに送った結果、枝でなく、白木で撮影して欲しいとの事で

急遽舞い戻り、四分の一の時間で再撮影してきました。

一日焚火を撮影ができた楽しい一日となりました。

白木はとてつもなく燃えが早い
  • 最近の投稿

    山学ギルドやります

    あけましておめでとうございます

    焚火の写真撮影

    11月の成果

    note版もでたよ

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ

  • ▲To Top