Responsive image

私たちWOOD HOUSE DESIGNは、
長野県上田市を中心に活動するちいさなデザイン集団です。
「人とモノ、人と人を繋げるデザインを」

入り口の人

僕の狩猟者としての技術はとても低いと思う。

足跡をみてもよくわからないし、

山の歩き方も自己流で何となくだ。

 

猟友会の先輩方や、ネットで自身の狩猟風景を公開されている猛者の

方々に比べれば、初心者に毛の生えたもの位であろう。

 

ただ、山に入り、足跡を見つけ、動物の気配を感じる事については

心から楽しんでおり、山を楽しむ能力は高いと思う。

 

狩猟界を調べて見ると、いつも

「獣害」「高齢化」「里山保全」「命の授業」などのキーワードが先に出て来て

地域の保全の為に、生命の尊さを学ぶ為に

狩猟を始めようという感じになっている。

 

でも、それで果たして狩猟者は増えるだろうか。

多分無理。

 

もっと単純に「山楽しい」「肉美味しい」「アウトドア気持ちいい」

「ダイエットになるよ」を紹介しないと、興味を持つ人は増えないと思う。

 

僕は登山以外で山を楽しむ事を紹介して行きたいと思う。

高い技術や、その先の難しい部分は、他の人に任せたい。そこに興味が出たら紹介したいと思うけど。

 

狩猟のトビラの入り口に立って、こっちも結構楽しいよ、

という呼び込みの人。それが僕の今の立ち位置だと思って

会う人に必ず、かつそれとなく自分が狩猟者だと伝えている。

 

上田で狩猟に興味を持つ人が増えてくれればいいなあ。

 

  • 最近の投稿

    狩猟へいってきました

    狩猟日前日

    表紙撮影

    耳を出すと頭が痛い

    電子書籍が出ます

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ

  • ▲To Top